身体にビタミンやミネラルの栄養素が必要であることはわかりますが、では、いったいどういう役割があるのでしょうか?
ビタミンは身体の中の脂肪や炭水化物、タンパク質などの代謝を助ける働きをし、コラーゲン、神経伝達物質などの生成を促したりする働きをします。
特に女性が気になるコラーゲンを、体内できちんと働かせるためにもビタミンを摂取しなければならないと思ってしまいますよね。

スポンサードリンク

ビタミン,ミネラルの果たす役割

現在ビタミンは13種類あると言われています。
大きく分けて脂溶性と水溶性に2種類に分類できるできます。

また、ビタミンと名前が付くビタミンFやビタミンPなど、昔はビタミンとして扱われていたのに、現在ではビタミンとしてではなくビタミン様物質として区分けされているものもあるようです。

ビタミンは、残念ながら体内で生成できない上に貯蓄することもできません。
そのために食品やサプリメントなどから継続的に摂取する必要があります。
そして、サプリメントでビタミンを補給する場合には、マルチビタミンと呼ばれるようなものを摂取する方がより効果的なのです。

ミネラルは酵素の消化や代謝の活動を助け、老廃物を排出したりする手助けをして、体内からエネルギーを作り出す手助けをする役割もあります。

ミネラルには、実にたくさん種類がありますが、その中でも体内に必要不可欠なミネラルの数は16種類であると言われています。

その16種類を分類してみるとカルシウム、マグネシウム、カリウムなどの必須構成7元素と、そして鉄、銅などのその他必須微量元素に分けられるようですが、かなり専門的なことになってしまうので難しいですね。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

ビタミン ミネラルの効果と効能:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://kouka.121b.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。